メインメニュー
アクセスカウンター
 
2021/12/04:25/61
2021/12/03:52/123

2021/09/20より1923/9545
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失


   

2020年度 主題聖句
『喜びと平和とであなたがたを満たす。』
(新約聖書 ローマの信徒への手紙 15章13節)

年主題 「こころが満たされる 」

2月の聖句 「愛は、すべてを完成させるきずなです。」
(新約聖書 コロサイの信徒への手紙 3章 14節)

2月の主題 「つながる」
・友だちやまわりの人のために自分のことばで祈ろうとする。
・仲間と一緒にアイディアを出し合い、遊びや生活をつくりあげること
 が喜びとなる。
・友だちの喜びや悲しみに寄り添う。

「ご大切」                  園長 山田雅人

 先月に続き、今月も聖句は「愛」です。愛というとloveを思い浮かべますが、英語の聖書を見るとこの「愛」はcharityという単語を使っています。チャリティーコンサートなどに使われる慈善、慈愛の意味です。これをギリシャ語で言ったのが、「アガペー」(神の愛)という言葉です。日本にキリスト教が伝わった時、宣教師たちはこの「アガペー」を日本語に訳すことができなかったそうです。というのも、当時の日本語の「愛」という言葉は、「愛し(かなし)」と書いて、「強く心が動かされる、しみじみとした感動を覚える、心にしみていとしい」という意味で、現代の愛のような意味はなかったからです。そこでやむなく充てられた日本語訳が、「ご大切」という言葉だったそうです。「相手を大切にし、また何よりも神様は私たちを大切に思ってくださっている」という意味の「ご大切」という言葉が、聖書の「愛」の最初の日本語訳でした。その後、キリスト教の普及により、日本語に「愛」という概念が浸透していったようです。何よりも子どもたちには、クラスでの様々な活動を通して、友だちを「ご大切に」思う心を育くんで欲しいと願います。





プリンタ用画面
前
21年3月分 「神ともにいまして」
カテゴリートップ
園便りより 今月の聖句とメッセージ
次
21年1月分 「神=愛」

個人情報保護について | サイトマップ


Copyright© 2009-2021 日本キリスト教団 甲南教会