メインメニュー
アクセスカウンター
 
2021/12/04:22/38
2021/12/03:52/123

2021/09/20より1923/9527
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失


   

2020年度 主題聖句
『喜びと平和とであなたがたを満たす。』
(新約聖書 ローマの信徒への手紙 15章13節)

年主題 「こころが満たされる 」

1月の聖句 「神は愛です。」
(新約聖書 ヨハネの手紙 一 4章 16節)

1月の主題 「じっくりと」
・神さまの恵みに感謝して過ごす。
・試行錯誤しながら納得するまで遊ぶ。
・したいこと、できたことや表現したことを友だちと分かち合う。

「神 = 愛」                  園長 山田雅人

▼神とは何かを一言で定義するなら、それは「愛」だとよく言われます。その根拠は、天地創造に見られます。なぜ神がこの世界と人間を創造されたか。それは創造が神にとって不可欠の行為であったからだと思います。もし神が愛でなければ、神はただ一人で孤立して存在していたことでしょう。神は愛であるゆえに、愛の対象を必要とされたのであり、その意味で創造は、神の愛の性格から自然に生まれたものなのだと思います。
▼神が愛であるもう一つの根拠は、創造において神が人間に自由な意志を与えられたことです。強制や服従といった自発的でない愛は本物の愛ではなく、自由な応答関係がなければ愛とは言えません。もし神が愛でなく、ロボットのように従順に神に従う人間を創ったのだとしたら、神と人間との個人的・人格的なつながりはなかったことでしょう。
▼そして創造は、終わったのではなく、今も続けられています。神が愛の神でなければ、天地を創造した後、放置しておかれたことでしょう。しかし神は愛であるため、その創造の業が終わった後も、忘れずに絶えずそれを見守っていかれます。新しい年、ウィルスの感染が収束して行くのか、じっと神の業に委ねたいと思います。










プリンタ用画面
前
21年2月分 「ご大切」
カテゴリートップ
園便りより 今月の聖句とメッセージ
次
20年12月分 「粛々と」

個人情報保護について | サイトマップ


Copyright© 2009-2021 日本キリスト教団 甲南教会