メインメニュー
アクセスカウンター
 
2019/10/16:118/247
2019/10/15:151/328

2019/08/02より6098/29700
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

トップ  >  甲南同胞幼稚園  >  園便りより 今月の聖句とメッセージ  >  19年4月分 「ありのままを」

   

2019年度 主題聖句
『その人は流れのほとりに植えられた木。ときが巡り来れば実を結び 葉もしおれることがない。その人のすることはすべて、繁栄をもたらす。』(旧約聖書 詩編 1編3節)

年主題 「ことばに満たされて 〜ひびきあう〜 」

4月の聖句「喜び楽しむものとして」
(旧約聖書 イザヤ書 65章 18節)

4月の主題 「ありのままで」
・保育者を通して祈ることを知る。
・ありのままを受けとめてもらって、安心する。
・新しく出会った人や環境に親しみを感じ、つながっていく。

「そのままを受けとめて」     園長 山田 雅人(まさひと)
 
園庭の桜が半分ほど咲き始めました。今年も入園、進級の季節がやって来ました。皆様、おめでとうございます。神様から与えられたかけがえのない子どもたち一人一人と向き合って参ります。一年間どうぞ宜しくお願い致します。
以前勤務していた幼稚園で、入園してしばらく泣き止まなかった女の子がいました。お母さんはいつも教師や周囲に申し訳なさそうにしていました。私はお母さんに「○○ちゃんはいいですね、自分の気持ちが正直に出せて」と言いました。3年後、卒園する時にお母さんが「あの言葉に救われました」と言われました。「当時、産まれたばかりの弟がいたので、娘には早く園生活に慣れて欲しいと焦っていました。そんな私の思いを、あの子は感じ取って泣いていたのでしょう」とのことでした。私たち教職員も、保護者の皆様と共に、子どもたちの「ありのままの」、日々成長していく姿を、見守っていきたいと思います。



   



プリンタ用画面
前
19年5月分 「新しい発見」
カテゴリートップ
園便りより 今月の聖句とメッセージ
次
19年3月分 「一年の終わりに」

個人情報保護について | サイトマップ


Copyright© 2009-2019 日本キリスト教団 甲南教会