メインメニュー
アクセスカウンター
 
2019/10/16:119/258
2019/10/15:151/328

2019/08/02より6098/29710
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

トップ  >  甲南同胞幼稚園  >  園便りより 今月の聖句とメッセージ  >  18年7月分 「他人のために祈る」

   
2018年度 主題聖句

『愛する者たち、神がこのようにわたしたちを愛されたのですから、
わたしたちも互いに愛し合うべきです。』
           (新約聖書 ヨハネの手紙一 4章11節)

年主題 「イエスさまと共に生きる 〜愛の交わりの中で〜 」
   
7月の聖句 「主よ、・・・わたしたちにも祈りを教えてください。」
        (新約聖書 ルカによる福音書11章1節)


7月の主題 「ふれる」
 ・保育者の祈る姿にふれ、イエスさまを身近にかんじる。
 ・水や砂、土にふれて遊ぶ。
 ・保育者と一緒に夏の遊びを楽しむ。 



「他人のために祈る」                                        園長 山田雅人

 先日、休みの日の午前中に、教会の電話が鳴りました。電話に出ると40〜50代の女性と思われる、身の上相談の電話でした。色々な悩みを話された上で、「自分の精神状態をどうコントロールすればいいでしょうかJと言われました。私は「キリスト教では『祈る』ということを大切にしています。ご自分の置かれている状況や、ありのままの気持ちや願い、希望を、そのまま口に出して神に祈ってみたらどうでしょうか」と答えました。
 以前、教会の礼拝に初めて出席された方が「キリスト教というのは不思議ですね。祈る時に自分のことではなく他人(ひと)のために祈るんですね」とおっしゃいました。確かに、教会では公の場で自分のことを祈ることは少ないかもしれません。「〜さんが今大変な時です。神様が守って下さいますように」などと祈ることが多いです。幼稚園でも、職員が「今日一日、子どもたちが怪我や事故なく過ごせますように」と祈ります。クラスでも「〜ちゃんが病気でお休みです。早く良くなりますようにj と祈っていることでしょう。
私たちは、見えないところ、知らないところで誰かの祈りに支えられているものです。

プリンタ用画面
前
18年8月分 「ゆったりと」
カテゴリートップ
園便りより 今月の聖句とメッセージ
次
18年6月分 「田舎の中のド田舎」

個人情報保護について | サイトマップ


Copyright© 2009-2019 日本キリスト教団 甲南教会