メインメニュー
アクセスカウンター
 
2019/05/21:47/124
2019/05/20:65/232

2019/03/07より2265/19023
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

トップ  >  甲南同胞幼稚園  >  幼稚園四季折々  >  09年10月 年長、年中少園外保育


たのしかったな〜!!  9月11日 年長園外保育 & 9月15日 年中少遠足

2学期が始まり、園にはまた子どもたちの明るい元気な声がいっぱい!朝晩は少し肌ざむく感じる日もあり、秋の虫も鳴き始めました。年長のなでしこぐみでは今、“虫のこえ”を歌っています。きっかけは、クラスの子どもが“くつわむし”を持ってきてくれたこと。虫のなき声に興味津々です。また、子ども達のお弁当にはおいしそうな「秋」がたくさん入っていますね。なし、ぶどう、くりごはん・・・。子ども達とそんな「秋」の話をしながら毎日を過ごしています。

さて、先日9月11日に年長ぐみは保久良山(ほくらさん)へ園外保育に出かけました。「おやまのアトリエ」と題して、保久良神社の手前の“ゆめひろば”という野原で過ごしながら、工作をしました。広場周辺を歩きながらみんなで枝やドングリなどを集めました。「おみやげにしようかな?」と嬉しそうに話しながら子ども達は拾っていました。保久良山と言えばイノシシですよね。今の季節、どんぐりを食べ歩くイノシシに出会いました。イノシシの横を静かに静かに通り過ぎたり、お弁当の時も親子で寄ってきたので追いはらったりもしましたが、こういう経験も貴重だなと思いました。思い出ですね。ゆっくりと工作の時間を過ごし、のんびりお弁当を食べて帰ってきました。楽しかったです。ありがとうございました。

そして、年中、年少さんは9月15日に須磨の水族園へ行きました。みんなで一台のバスに乗って「いってきまーす!」バスの中はとてもとてもにぎやかだったそうです。○×クイズやゲームをしたり、歌もたくさん歌いながら水族園へ向かいました。今回はちゅーりっぷぐみ(年少組)が半分に分かれて年中のすみれぐみ、れんげぐみと手をつないで園を見てまわりました。少しドキドキした子どももいたり、うれしくてニコニコの子ども達もいました。おねえさん、おにいさんと手をつなげて良かったねー!ちゅーりっぷさん。

 子どもたちに人気の場所は、アマゾン館!アマゾンに住む生き物はどんなだったかな? カニやカメもいろいろな種類がいるのですね。菊永先生(年少組)はペンギンが印象的だったそうです!そしてみんなでお弁当を食べて、おやつはハッピーターンとラムネ。楽しかった思い出を次の日、絵に描きました。とてもいきいきとした絵が描けました。みんな遠足が大好き!ありがとうございました。
プリンタ用画面
前
09年10月-11月 作品展&☆秋のファミリーふれあいでぃ 
カテゴリートップ
幼稚園四季折々
次
09年9月 年長夏季キャンプ 

個人情報保護について | サイトマップ


Copyright© 2009-2019 日本キリスト教団 甲南教会