メインメニュー
アクセスカウンター
 
2019/03/21:80/328
2019/03/20:94/385

2019/01/05より2190/21793
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

トップ  >  甲南教会  >  使徒言行録メッセージ
使徒言行録 2章 1〜13節 「命の息を吹き込まれ」 山田雅人 2018.5.20 ペンテコステ

▼長崎の原爆資料館で、一枚の白黒写真を見たことがある。母親が赤ん坊におっぱいをくわえさせているのだが、二人とも髪は焼け縮れ、皮膚も大やけどを負っている。母親は既に息絶えている。写真の解説には「この数時間後、赤ん坊も亡くなった」とあった。原爆がいつ、どこに落ちて、何人の死者が出て…といった私の興味関心は吹き飛ばされた。たった一枚の写真が全てを語り尽くしていたからである。
▼「突然、激しい風が吹いて」、「炎のような舌が分かれ分かれに」―ペンテコステ=聖霊降臨日には教会でよく読まれる、あまりにも有名な物語。しかしこの話は、先の写真のように、起こった出来事を冷静に分析したり、人々の言動を詳細に記すといったこととは一切無縁である。使徒言行録の著者ルカは、そのようなことには全く無関心である。彼の手元にあった伝承はただ一つ、「聖霊が降って、弟子たちが大胆にイエスの福音を語り出した」という事実だけであった。この事実を後の世の人たちに伝えるために彼が記したのが、一見摩訶不思議ともいえる、聖霊降臨の物語である。
▼聖霊降臨の出来事は、イエスの復活後50日目(ペンテコステー)に起こり、弟子たちがイエスの死後たった50日で教会を起こし、宣教を開始したと理解されている。しかし実際に彼らがイエスの死から立ち直るまでには、もっと長い時間がかかっただろう。それでも、イエスの死に打ちひしがれていた彼らが、大胆にイエスの福音が語れるようになったのには聖霊の働きが確かにあった。ルカはそれを「神の偉大な業」(11節)だと記す。もはや、人ではなく「霊」が演説や行為の主体となったのだ。
▼聖霊とは、イエスが生きて私たちのうちに働く、という事実のこと。神はかつて、土の塵(アダーマー)から作った人(アーダーム)の鼻に命の息を吹き込み、それで人は生きるものになった。命の息が今度は弟子たちに吹き込まれ、福音を語る賜物を持った新しい人間を創造したのだ。我々が御言葉を証しする時、もはやそこで証ししているのは我々ではなく、我々の中で生きて働くイエスである。


使徒言行録 4章 13〜22節 「人間より、神に従う」 山田雅人 2018.6.3

▼ペトロとヨハネが逮捕される当該箇所は、歴史上初めての「キリスト者迫害」の物語と言われる。ペンテコステのあと、イエスの福音を語るべく宣教を開始した使徒たちのうちの二人、ペトロとヨハネが神殿内に入り、足の不自由な人を癒したり、民衆に説教を語っていたところ、神殿管理者らに捕らえられ、牢に入れられ、取調べを受ける。
▼ペトロとヨハネの取調べには最高法院のメンバーが立ち会う―「議員、長老、律法学者、大祭司アンナスとカイアファとヨハネとアレクサンドロと大祭司一族」(4:6)。最高法院は71人の議員で構成される議会で、警察機関もその支配下にあり、ローマから人を逮捕する権限を委任されていた。
▼最高法院の尋問に対し、ペトロとヨハネはイエス・キリストの名によって病人の癒しを行なったことを臆せず語る。宗教的権威の象徴であるユダヤ当局は、無学な一般人であるペトロとヨハネの毅然たる態度と、彼らが十字架刑で死んだはずのイエスの弟子であったこと、さらにイエスと同じように病人を癒し、その癒された病人が目の前に立っていることに対し、一言も言い返せない。
▼彼らが最も恐れたのは、イエスの名によって宣教がなされていくことであった。やむなく最高法院の出した結論は、「しかし、このことがこれ以上民衆の間に広まらないように、今後あの名によってだれにも話すなと脅しておこう」(17節)とあるように、「脅し」であった。注目したいのはペトロとヨハネの返答である―「神に従わないであなたがたに従うことが、神の前に正しいかどうか考えて下さい」(19節)。同じ言葉が5章29節にも記される―「人間に従うよりも、神に従わなくてはなりません」。弟子たちはイエスに対する忠誠から、最高法院に対しての忠誠を拒んだのである。
▼「人間より、神に従う」―人間とは、他者とは限らず、自分自身の場合もあろう。我々も自分自身の思い、決断ではなく、それを超えたところにある神に従いたい。神に従うために、その御心を知るために祈り、静かにその御声に聞き、この世の声に惑わされることなく、真理と命につながるイエスの道を歩んで行きたい。

プリンタ用画面
前
ヨハネ福音書メッセージ
カテゴリートップ
甲南教会
次
アモス書メッセージ

個人情報保護について | サイトマップ


Copyright© 2009-2019 日本キリスト教団 甲南教会