メインメニュー
アクセスカウンター
 
2019/01/19:3/11
2019/01/18:79/241

2018/11/05より1976/17993
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

トップ  >  甲南教会  >  出エジプト記メッセージ
出エジプト記 2章 1〜10節 「信仰の生涯」 山田 雅人
2018.10.14

▼モーセの誕生に際し、出エジプト記は数人の女性たちの信仰に基づいた果敢な行動を記す。エジプトでイスラエルの民の力が強大になることを恐れたファラオが、二人のヘブライ人助産婦を呼び、ヘブライ人家庭に男の子が生まれたら殺せと命じる。だが彼女たちは絶対権力者ファラオの命令には従わず、生まれた男の子を生かしておく。バレたら殺される命がけの抵抗に、「神はこの助産婦たちに恵みを与えられた」(1:20)。
▼当該2章では、モーセの母ヨケベドもファラオの命令に背き、ナイル川に捨てなければならない赤子のモーセ隠して三ヶ月間育て、もはや隠せなくなるとアスファルトとタールで防水加工したパピルスの籠に息子を入れ、ナイル川の葦の茂みに隠す。そこに水浴びをしに、エジプトの王女が現れる。彼女は籠の中に泣いている赤ん坊を見つけ、憐れみの目で見つめる。ここにすかさずモーセの姉ミリヤムが近づき、良い乳母がいますからと自分の母を紹介する。こうしてモーセは元通り、実母の乳を飲んで育ち、やがて王室の子供として引き取られることになる。
▼このように、モーセの誕生と成長には二人の助産婦たち、エジプトの王女とモーセの姉と母という女性たちの、機転と機知があった。彼女たちに共通するのは、この世の不条理には恐れることなく抵抗し、彼女らが畏れる神の目に正しいと思うことは疑わずそれを信じ、行動に移したことである。こうして、エジプトで奴隷生活を強いられていたイスラエルの民は、世の権力を恐れず神を畏れた、一握りの女性たちの信仰によって、最終的には指導者モーセによる出エジプトへの道を歩み抜くことができたのである。
▼「見よ、主は御目を注がれる 主を畏れる人、主の慈しみを待ち望む人に」(詩33:18-19)―注がれる御目は抽象的なものではなく、我々の具体的な生活の中で体験される。聖書は我々に、どのような時でも神の言葉に聞き従えるか、その信仰を問う。神を疑わず、この世を恐れず、神の救いの宣言に畏れをもって身を委ねることのできる、信仰の生涯を全うしたいものである。

出エジプト記 3章 1〜15節 「わたしはある」 山田雅人
2018.11.18


▼旧約聖書に出てくる神の名前はヤハウェ=主、エローヒーム=神、「インマヌー(私たちと共に)・エル(神)」のエルなど色々ある。創世記を最初から読むと、ある時は「主」、ある時は「神」と訳されているが、これは、主というところではヤハウェという単語が、神と訳されているところではエローヒームという単語が使われているためである。このことは、創世記が一人の著者によって書かれたものではなく、複数の著者が書いた物語を編集したものであることを示す。出エジプト記にも同じことが言える。
▼当該箇所では、神は自らをヤハウェ(主)でもなく、エローヒーム(神)でもなく、「わたしはある」と名乗っている―「神はモーセに、「わたしはある。わたしはあるという者だ」と言われ、また、「イスラエルの人々にこう言うがよい。『わたしはある』という方がわたしをあなたたちに遣わされたのだと」(14節)。「わたしはある」―これがそもそもの神の名前であり、本質であるというのだ。
▼神は、民全体に語るときはヤハウェ(主)として、あるいはエローヒーム(神)として語りかけるが、人間一人一人に語るときは、主とか神とか言わずに「わたしはある」と語りかける。名を名乗る前に、神とはどのような存在であるかがすでに規定されているのだ。そしてその「わたしはある」という方は、7節に「神は、エジプトにおけるイスラエルの人たちの苦しみ、叫びの祈りを聞いた」と記される通り、人間の苦しみを見、叫びを聞き、その痛みを知って揺り動かされる方である。
▼新約のヨハネ福音書は、「わたしはある」という神の言葉を、イエスに語らせている―「はっきり言っておく。アブラハムが生まれる前から『わたしはある』」(8:58)。イエスが神から与えられた使命とは、神がインマヌエルの神であること、我々と共にいる神であることを示すことであった。人はすべて、誰であれ、どんな人間であれ、インマヌエルという事実によって存在し、生かされて存在している。これは無条件、無前提の事実である。この事実に一切の条件付けや分け隔ては存在しない。イエスはこのインマヌエルの事実に気づき、この事実に基づいて生き、この事実を圧倒的な印象深い言葉と振る舞いによって示された。
▼我々にとって大切なことは、「神がある」という事実に気づき、共にいます神の働きによって生かされている生を生きることである。「わたしはある」と語る神が確かに我々と共におり、そしてその事実をイエスがもたらしてくれたことを改めて覚えたい。
プリンタ用画面
前
マルコ福音書メッセージ
カテゴリートップ
甲南教会
次
黙示録メッセージ

個人情報保護について | サイトマップ


Copyright© 2009-2019 日本キリスト教団 甲南教会