メインメニュー
アクセスカウンター
 
2019/01/19:7/45
2019/01/18:79/241

2018/11/05より1976/18025
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

トップ  >  甲南教会  >  マルコ福音書メッセージ
マルコ福音書16章1-8節 「ガリラヤへ行け」 山田雅人 2018.4.1

▼「わたしは復活した後、あなたがたより先にガリラヤへ行く」(14:28)−ガリラヤはイエスの生まれ故郷であり、彼が宣教を開始した場所。ガリラヤのナザレから生まれ出て、ガリラヤでの宣教にその生涯を捧げたイエスは、ただ一度だけ上ったエルサレムにおいて、十字架刑に処せられる。そして復活したイエスは、再び、あのはじめの「ガリラヤへ行け」と我々に語るのだ。
▼復活した後イエスが現れるのがガリラヤというのは、新約聖書全体の中でも極めて珍しいこと。使徒言行録では復活者に会えるのはガリラヤではなく「エルサレムを離れるな」という言葉で語られ、ルカ、ヨハネに福音書でも復活者イエスと出会えるのは「エルサレムとその周辺」である。
▼ユダヤ教の宗教的伝統と権威を持つエルサレムとは対照的に、ガリラヤは宗教的にも文化的にもユダヤ教の中心から離れ、差別されていた「地の民」と呼ばれる民衆の生活する場所であった。しかしイエスはこのガリラヤの地の民とこそ交わり、福音を宣べ伝えていったのである。
▼マルコ福音書は、8節の「恐ろしかったからである」という記述で唐突に終わり、ただ読者に「ガリラヤへ行け」と記すのみである。それは「復活者イエスを目に見える形で描いたところで意味はない。むしろ、生前のイエスの生とことばに注目し、そのイエスが私たちの心の中に生き生きと生き始めるその時にこそ、イエスは復活したのだ」(具体的にはマルコ福音書をもう一度読み直してくれ、というマルコの思い[青野太潮])という、マルコが私たちに促す信仰に他ならない。



マルコ福音書6章30-44節 「荒れ野のパン裂き」 山田雅人    
                   2018.10.7 世界聖餐日

▼高2の春休みにアメリカに行った時、ホームステイ先の家族がキリスト教の団体の中高生キャンプに連れて行ってくれた。昼間の野外活動のあと、夜の礼拝で聖餐式が行なわれ、何と、大きな塊のパンと、深い銀盃になみなみと注がれた本物の葡萄酒が回ってきた(中高生だぞ!)。パンはそれぞれが手でちぎって食べ、ぶどう酒は回し飲みして布でカップの口を拭う、というスタイルだ。さすがアメリカ、スケールが違う!さらに驚いたのは、どう考えても出席していた中高生全員がクリスチャンとは思えないのに、皆んなが聖餐に与かっていたことだ。聞けば、彼らの教派であるアメリカ最大のプロテスタント教派UCC(キリスト合同教会)では、聖餐式は受洗・未受洗にかかわらず行なっているとの事だった。今から40年近く前のことである。
▼5000人の共食物語・荒れ野に於けるイエスのパン裂きこそ、聖餐式の原型である。使徒言行録20:7―「週の初めの日、わたしたちがパンを裂くために集まっていると…」は、初期のキリスト教会に於いて、礼拝の中心が「パン裂き」であったことを示しており、全ての福音書の最後の晩餐の時、イエスは「荒れ野のパン裂き」の時と全く同じ仕草と祈りをもって弟子たちにパンを裂いて与えている(マコ6:41)―「イエスは…天を仰いで賛美の祈りを唱え、パンを裂いて」、「イエスはパンを取り、賛美の祈りを唱えて、それを裂き」(マコ14:22)。「荒れ野のパン裂き」が「最後の晩餐」の遥か前に先んじてあるのだ。
▼この物語の何が奇跡なのか。神の子なのだから魔法のようにパンと魚が無限に増える、だから奇跡なのではない。ヨハネ福音書の共食物語では、パンが増えたのは一人の少年が差し出した持ち物がきっかけだった。実際は一万人以上にものぼる群衆の中には、彼と同じように食糧を持ち合わせていた人はいただろう。ところがユダヤ教律法の食事既定(食前には手は洗い清める、汚れた者との接触は断つ、製造法の分からぬ食材は食べてはならぬ、等)に慣れ親しんでいた群衆にとって、不特定多数の人々との荒れ野での共同の食事など考えられない事だったのだ。その沈黙を破り、イエスの呼びかけに答えたのが大人ではなく一人の少年だったのである。イエスの招きに答えた彼をきっかけに、我も我もと慣例を破り、自分の殻を破り、自己を解放し、皆との連帯、一致に至ったことで皆が有り余るほどに食べることができた。それが奇跡である。
▼国際飢餓対策機構の主事に飢餓の実態を聞いたことがある。世界中の食糧は世界の民を十分に満たす量がある。問題は分配が上手くいっていないとのこと。我々はイエスの提示した分かち合いの奇跡に至っていないのだ。イエスは荒れ野に集まって来た種々雑多な人々全てを招いた。教会は皆が何の隔ても咎めもなく気軽に立ち寄り、そこで命の糧に与り、元気を取り戻していく場所のはず。果たして我々の教会がそんな場所として立っているか、そのことが問われている。


マルコによる福音書 12章 18〜27節 「死んだ者の神でなく」
山田雅人 2018.11.4 召天者記念礼拝

▼当該箇所はイエス自身が「復活」をどう考えていたのかが書かれている重要な箇所。復活を否定していたユダヤ教サドカイ派がイエスに一つの問いを出す―「もし死後の生命があるなら、七人兄弟の長男と結婚した女が夫に先立たれ、次に次男と結婚すると次男も死に、同様に次々に七人の兄弟と結婚して死別し、最後に自分も死んだ女は、復活の時誰の妻になるのか。困るではないか。」
▼イエスは「あなたたちは思い違いをしている」と答え、復活とは一度死んだ者がまた元のような地上の生命を回復することではなく、「めとることも嫁ぐこともなく、天使のようになるのだ」と語る。天使とは死を越えた存在であり、地上の人間よりももっと神の近くにいて、昼も夜も神に仕えている存在。我々は復活によって、地上にいた時よりもずっと神のそば近くに、神と共にいることを赦されるということだ。
▼「わたしはアブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神である」―出エジプト記3章で神がモーセに言われた言葉。彼らはむろん肉体的には死んだ人々である。しかし今もなお彼らは神との交わりの中におかれ、神に仕える天使のように、地上にいた時よりも親しく神のみもとで神の栄光をあらわしつつあるのだ、とイエスは語る。
▼この世に対しては、人は皆いつかは死ぬ。しかしそれは神に対して死ぬことではない。神に対しては我々は相変わらず生きるのだ。死は世界と人間に対する関係の変化であって、神に対する関係の変化ではない。アブラハムもイサクもヤコブも、この世に対しては死んだけれども、神に対しては生きており、神のそばで仕える天使のようなあり方で、この世にいた時よりいっそう親しく神との交わりのうちに置かれ生きているのだ、とイエスは言う。だから「神は死んだ者の神ではなく、生きている者の神」なのだ。何よりイエス自身がその「復活の生命」を生きている存在である。
▼「キリストが死に、そして生きたのは、死んだ人にも生きている人にも主となられるためです」(ローマ14:9)―神は生きている者の神であり、我々はたとえこの世に対しては死んでも、神に対しては変わらず生きるものなのだ、という聖書の告知を、我々は思い違いをすることなく、神の力を知り聖書を知るゆえに、信じる者でありたい。




プリンタ用画面
前
汽灰螢鵐判メッセージ
カテゴリートップ
甲南教会
次
出エジプト記メッセージ

個人情報保護について | サイトマップ


Copyright© 2009-2019 日本キリスト教団 甲南教会