メインメニュー
アクセスカウンター
 
2019/01/19:3/11
2019/01/18:79/241

2018/11/05より1976/17993
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

トップ  >  甲南教会  >  詩編メッセージ
詩編23編1〜6節「恵みに追いかけられて」山田雅人 2018.4.15       

▼詩編23編は、神と共にある人生のこの上ない幸いを歌った「神信頼の歌」と呼ばれる。冒頭の「主は羊飼い、わたしには何も欠けることがない」が、詩の内容のすべてを言い表している。神が羊飼いであるならば、その事実だけで、「私」はいっさい欠乏しないというのだ。この詩人は、人間の無力さを知り尽くした、人生の終わりを迎えつつある年長者であったと想像する。この詩は、自信に溢れた信仰者の宣言ではなく、自らの弱さと無力さを知る者にこそ与えられる、まるで幼な子のような神への信頼の表明である。詩人は自分の人生最期の時も、愛する家族や周囲の者を、「死の陰の谷を行くときも、わたしは災いを恐れない」(4節)と告白できる神に託して、天に召されていったことだろう。
▼この詩人は自分の人生を振り返り、いわば人生の総括ができて、この世の生を終えることができた人であったかもしれない。しかしこの世は、そのような人生の総括ができて死んでいった人ばかりではなく、理不尽な、不条理な死でもって人生を終えた人も多くいることを思う。他ならぬイエス自身がそうであった。イエスの地上の生は、弱者に寄り添い、見返りを求めず他者に自分の全てを与え、その報いが十字架の死のみであるような生き様であった。そのイエスに我々は出会い、人はどう生きるべきか、誰と共に生きるのかという神の意志を知らされた。イエスの生き様が今も残り、我々を生かし、我々の内にいて働いていることが、よみがえりであり、復活である。
▼この詩人と同じように、例えば我々の今は亡き家族や教会の先達たちも、自分の人生に常に神が共におられ、そしてその神に家族や周囲の者のことを託して天に召されていったことだろう。我々は彼らと死で分かたれても、自分よりも他者を愛し、人に仕えて生き抜いた彼らの、それぞれの生き様を継承して生きることができる。先達たちの信仰によって、我々もまた目に見えぬ神によって愛されていることを知ることができる。ただ自分が無条件に神に愛されている存在であることに気づくことが、私たちに慰めをもたらすことを詩人は語る。我々は、たとえ絶望して神と人とを愛することを放棄したとしても、愛されることは決して放棄できない。それが「恵みと慈しみはいつもわたしを追う」(6節)ということの意味である。


詩編96編1〜9節 「Lord of Lords」 山田雅人    2018.9.16

▼詩編96編の最大の特色は、唯一の神ヤハウェこそがこの世の神々の中の神(Lord of Lords)であると、普遍的な立場から見ている点にある。詩人の視座がイスラエルだけでなく諸民族、さらに被造物世界全体に及んでいる点だ。比較して、本詩と同じく「新しい歌を主に向かって歌え」と始まる詩編98編は、「イスラエルの家」、「わたしたちの神」(3節)という、イスラエル限定の神理解である。これに対し詩編96編は「全地に」、「諸国民に」呼びかけよと訴える。
▼ヤハウェこそ普遍的な唯一の神であると詩人が主張する理由が5節に記される―「諸国の民の神々はすべてむなしい」、「主は天を造られ」。この詩人は明らかに創世記の天地創造の思想を受け継いでいる。本当の神は、創造という業を行なったという一点において、あらゆる神をはるかに超える唯一の神だと言うのだ。天地を造られた神をほめたたえるという「創造信仰」は、神が天地を創造したゆえ、神以外の、目に見える地上の何ものをも絶対化することを許さないという信仰であり、ましてや、特定の民族や集団を絶対化することは許されない、という信仰である。
▼ナザレのイエスの根底にあったのも、創造主なる神への信頼であった。イエスは神をアッバ(お父ちゃん)と呼び、創造主なる父と、その父の創造した自然や人間世界に、無邪気なほどの信頼を寄せた。「空の鳥を養い、野の草花を装い(マタ6:25)、悪人にも善人にも太陽を昇らせ、義なる者にも不義なる者にも雨を降らせて下さる(5:45)」神への徹底した信頼である。一方イエスは、ひとたび己を選ばれた者として絶対化するような人間に対しては、「徴税人や娼婦たちの方があなたたちより先に神の国に入るだろう(マタ21:31)」と言って、人の信仰がこの世の業績や修行とは全く関係がないことを語った。
▼「栄光と力」は民を支配するかに見える地上の権力者にあるのではない。真の栄光と力を帰すべきは天地万象の創造者である神ヤハウェ以外には存在しない。そうした、地上のいかなる絶対権力をも相対化する視座が、詩編96編には象徴的に描かれている。



プリンタ用画面
前
創世記メッセージ
カテゴリートップ
甲南教会
次
競灰螢鵐判メッセージ

個人情報保護について | サイトマップ


Copyright© 2009-2019 日本キリスト教団 甲南教会