メインメニュー
アクセスカウンター
 
2019/10/16:114/221
2019/10/15:151/328

2019/08/02より6098/29674
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

トップ  >  甲南同胞幼稚園  >  幼稚園四季折々  >  10年12月 アドベントに入りました。
りんごに、かきにさつまいも、おいしい実りの秋におなかも満足、笑顔いっぱいの子どもたち。秋の遠足、収穫感謝、作品展ともりだくさんの11月が終わり、12月がやってきました。
いよいよみんなが心待ちにしているクリスマスの季節です。
お部屋の中も衣替え。
各クラスにはリースやアドベントクランツ、クリスマスの絵本が並びます。

「クリスマスってなあに?」という先生の問いかけに
「サンタさんがくる日!!」
「プレゼントがもらえる日!!!」
「イエスさまのおたんじょう日!!!
と目をキラキラさせて答える年少ぐみの子どもたちの姿はとってもかわいらしく、思わず笑顔になってしまいます。

年中ぐみは聖歌隊! 素敵なガウンを着て舞台に立ちます◇ 緊張と不安の表情の中に、どこか誇らしげ気な38人の聖歌隊です。

あこがれのページェント(聖誕劇)をする年長ぐみの子どもたち。マリサ、ヨセフ、ひつじかい・・・はかせ、天使・・・どの役をしようかな。一人一人が期待をふくらませ、毎日クラスで話しあいながら楽しんでいます。きっと今年も素敵なページェントができあがることでしょう。

どのクラスもそれぞれに、クリスマスのおとずれを楽しみにしながら、すごしている12月のようちえんです。


 
 
 
 
 
 
 
 


 

 
プリンタ用画面
カテゴリートップ
幼稚園四季折々
次
10年11月 園庭の恵み たわわに実ったぶどうの房

個人情報保護について | サイトマップ


Copyright© 2009-2019 日本キリスト教団 甲南教会